YEGとは


「YEG」 (若き企業家集団)とは商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。

春日部商工会議所青年部とは、春日部商工会議所の内部組織として位置づけされ、次代を任される45歳までの若手経営者(経営後継者)による、春日部をより良くする為の団体です。

綱 領

商工会議所青年部は

地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い次代への先導者としての責任を自覚し地域の経済的発展の支えとなり新しい文化的創造をもって豊かで住みよい郷土づくりに貢献する。
指 針

われわれ青年部は 一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう


一、国際社会の一員であるべき国際人としての教養を高めよう

一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう

一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう

一、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ 力を合わせ 国の礎となろう
YEG宣言

私はYEGとして、夢に挑む。
私たちはYEGとして、地域を愛する。
すべてのYEGは、連帯の証となる。
YEG宣言趣旨

私(商工会議所青年部会員)はYEGとして、夢に挑む。商工会議所青年部会員は、YEG精神の下に、研鑽 と交流を通じて、企業家精神をより一層高め、大きく成長していかねばならない。一人一人のYEGは、自らの企業の発展を原点として、さらに地域社会への貢 献を考え、それぞれの夢に若さと情熱をもって積極果敢にチャレンジし、経済人としての自己実現を図っていかねばならない。私たち(商工会議所青年部)はYEGとして、地域を愛する。商工会議所青年部は、地域を愛している。活動 の基盤を地域に置き、独自の歴史と文化、その地域の特性を十分活かして、豊かな住みよい地域を創造していく。一人一人のYEGが、そして若き企業家集団で あるYEGが、次代の地域の担い手として、今後とも商工会議所活動の一翼を担い、より活力ある地域経済社会の実現に向けて全力で取り組んでいく。すべてのYEG(日本YEG)は、連帯の証となる。全国商工会議所青年部連合会(日本YEG)は、すべて のYEGの連合体として、日本商工会議所の方針を踏まえ、YEG(若き企業家集団)のビジョンを内外に示し、各地青年部の活動支援・調整、組織強化を行 い、そのネットワークを最大限に活かして、地域の枠を超え、青年部の活性化と機能強化を図っていく。そして、私は、また私たちは、全国的な交流を促進し、 YEG精神の一層の高揚を図り、連帯の証となる。



「綱領」 と「指針」 の策定

商青連創立5周年(1988年)を記念し、商青連会員青年部を対象に「これからの青年部を考える」 に関するアンケート調査を行い、寄せられた意見、要望を参考にしながら、「これからの青年部への提言」 としてとりまとめるとともに、その内容を青年部活動の拠り所ともいうべき「綱領」 と「指針」 に集約した。 この内容は5周年記念誌「明日への挑戦」(B5判、96ページ)に掲載し、第6回中央研修会の資料として活用するとともに会員、特別会員に配布した。

スローガン

愛燦々
~我らの想いが溢れ出す!
ハートフルなYEG~

はじめに・・・
平成30年度は、関東ブロック大会 埼玉かすかべ大会を機会に、市長をはじめとする春日部市の行政の皆様とより深い連携を取らせていただき、誠にありがとうございました。また会頭をはじめとする親会、女性会の皆様や、OB会長、歴代部会長をはじめとする諸先輩方々に多大なるご協力をいただきながら本大会をやり遂げたことで、我々が大きく成長をすることが出来た貴重な経験となりました。また埼青連、関青連と順に主管したことで、広い地域のYEG(仲間)から各単会色豊かな思想や活動を学んだことは、多くの刺激となりました。そんな激動の2年間を、時の竹中会長が掲げたスローガン「前へ上へ~不屈の精神で~」挑んできました。この経験と不屈の精神を基に更なる行動を起こし、その新たな活動が地域社会や会員の皆様に還元できるようにしなければいけないと強く覚悟しています。

これからは・・・
昨年度をもって、これまで多大なる貢献をされた経験豊富な中心メンバーが、数多く卒業されました。一見マイナスに思われますが、その意思は残ったメンバーに確実に受け継がれています。また本年度初選出の役員理事は、新しいメンバーに巡ってきた好機であり、組織に新しい風を吹き込む大きな転機と捉え、2019年度も各々がプライドをもって、最高のリスタートを切りましょう。

まっすぐに・・・
我々春日部YEGが迷うことなく新たな未来へ進むために、綱領指針と合わせて必要なのは、会長スローガンです。本年度会長スローガンは「愛燦々~我らの想いが溢れ出す!ハートフルなYEG~」 とさせていただきました。我々が強い絆で結ばれることを目的とする会員交流事業に、メンバーを想う愛が溢れているか?地域活性化を目的とする かすかべ商工まつり、夕涼みフェスタなどの事業に、地域を想う愛が溢れているか?経営力向上を目的とする研修会に、会員事業所発展を想う愛が溢れているのか?家族への日頃の感謝を目的とする家族親睦事業に、家族を想う愛が溢れているのか? その全てに愛が燦々と輝く活動をしていきましょう。そして未来を見据えて今を全力に・・・ただ一向まっすぐに・・・

さいごに・・・
 忙しい日々を過ごしている中小零細企業の若手経営者、小規模若手事業主の私たちは、仕事、家庭と限られた時間を生きています。しかし今ある現状に追われてしまう、または満足していては、自社業と地域の経済的発展や人生の充実はありえないと考えます。青年経済団体に入会したことで広がった可能性を最大限に活かすために、様々な責任ある役職を経験し、各事業を企画運営することで自己研鑽しましょう。またYEGのスケールメリットを生かした事業活動に積極的に参加して、地域の経済人としての知識と教養を高め、資質の向上を図りましょう。YEGは大きく叩けば大きく響く存在です。我々が関東ブロック大会を機会に踏み出した一歩、その歩みを止めることなく、共に地域を大きく震撼させながら、前に進みましょう。


運営方針
青年経済人の団体として資質の向上と会員相互の交流を通じ、企業の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的として以下の方針において運営を行う。

1.組織力強化活動
メンバーが置かれる状況を理解した上の組織運営と、春日部市内広域の中小零細企業と小規模事業主の実体を把握した会員増強をする。

2.自己研鑽研修活動
会員事業所と単会の発展に繋がる、経済人としての資質向上や知識習得に寄与する。また地域や自社の活動上の問題点に対する提言活動に取り組むことで意識を高め、各々の経営改革と経営力向上を図る。

3.地域活性化活動
将来を担う子どもたちの郷土愛を育む事業として、親しみある地元のまつりを行う。また社会全体として解決しなければならない少子高齢化・人口減少などの社会問題に対し、YEGとして行動を起こす。

4.交流活動
  青年経済人としてメンバー同士の人と人との交流で己を磨き、対外的な組織と組織の交流を積極的に行うことで組織のネットワークを強化する。

5.広報活動
 YEG事業と会員事業所の積極的な活動を内部へ配信することでメンバーの帰属意識を高める。また外部へ発信することで、地域社会から求められるYEGとしての気概の醸成とメンバーのビジネスチャンスの創出を行う。
春日部商工会議所青年部  会長 早川 純
春日部商工会議所青年部
会長 早川 純